自転車に乗れないときは散歩で体調維持ができた

 
EyeCatch_Walking

この記事を書いている人 - WRITER -

48歳から自転車を始めました。ロードから始まり、今はミニベロの楽しさも知ってしまいました。また初心者ではありますがフィルムカメラを始めました。
【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -

(ELEPHANTでは必須ではない)

はじめに

事情があり、数週間も自転車に乗れませんでした(涙)。余分な脂肪が落ちはじめ、筋力もついてきたので、別のトレーニングはないか… というか、「何かできるか?」を考えて、散歩を思いつきました。1日20分程度の散歩を実施して(雨の日は散歩せず)、体調維持が出来ただけでなく、 考え事をするのにも良かったです。我ながら新鮮な体験でしたので、短い記事として残しておきます。

散歩の仕方と効能

hirameki私の場合は、近くの大きな公園で自分で決めたコースを散歩していました。歩く際は、

  • リラックスする感じで前を向き、腰が曲がらないように意識する
  • ガニ股ではなく内股でもないように歩く

を意識します。すると筋肉の動きを感じることができます。逆に筋肉の動きを感じれば、自ずと姿勢がよくなるように思います。数日目には自然に姿勢を維持できます。また同じコースを散歩することによって、ちょっとした段差なども把握できます。

すると、いろんなことを考えながら歩けるようになりました。数学者、音楽家、芸術家は散歩をするようですが、その気持ちが分かったように 思います(生意気なことを書いていますね…) 正確には「考えながら」というか、「余計な雑念が消えて、ヒラメキが増える」イメージです。 歩くことによって、血の循環が良くなっているのでしょうね。

数週間ほど散歩を続けた結果、週2回ほど自転車に乗っているときと比べて、体重も体脂肪率も変化しませんでした!先ほど自転車に乗りましたが、特段の体力ダウンも感じませんでした。恐るべき散歩の効能でした。

まとめ

Walking_man

仕事や体調で自転車に乗れないときは、散歩をしましょう。できれば同じコースを歩くことによって、怪我をするリスクも減りますし、 考え事やアイデア出しにも良いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

(ELEPHANTでは必須ではない)

googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© こぐこぐロードバイク&ミニベロ , 2017 All Rights Reserved.